ヘンクマ対スズキ用スピナーベイト計画 その仕様について。

スピナーベイトを最後に作ったのが
90年代末期です。

当時のED川で結構投げたんだけど、
鈴木一族が全然釣れなかったので
見切りをつけてミノー製作に
重点を移したんだったな。

スピナーベイトでスズキが連発していたら
ヘンクママグナムも
ヘンクマフラットサイドミノーも
その発展型のフラットサイドシャッドも
生まれなかったのかもしれないな。


あのころ作った最新型の
第三世代型ヘンクマスピナーベイトは
3/8オンスヘッドを3~4本試作しただけで
全て実戦で全滅しました。
ヘッド原型も石膏モールドも残っていないため
再現できないのが残念です。

第三世代型で仕留めたド外道黒鱒は2匹だけ。
本命の鈴木一族は姿も見せず終わりました。

しかし、だ。

先日のED川釣行記事では触れませんでしたが
異能生存黒鱒をヒットさせた前後も、
スピナーベイトを引いていると
結構小さな魚が何回も足元まで
ルアーを追いかけてきていたんだ。

シルエットと体色、模様からして
どうもロリロリコッパセイゴみたい。
ロリ黒鱒ではないな。
黒鱒はあんなにスマートじゃないだろう。

食わせられなかったにしても
(ロリを食わせてしまうと逆に困るが)
鈴木一族にスピナーベイトが
効かないわけじゃないという
根拠になりはしまいかね?

昔は、偏光グラスなしで釣りしてたもんで
ひょっとしたら当時も結構
魚がルアーを追っかけてきていたのかもな。
単純に見えなくてわからなかっただけで。

完全河川内専用として(錆びると困る)
対スズキ用スピナーベイトの仕様を
あれこれ考えてみますれば

鈴木一族の猛攻に耐えるワイヤー
(1.2ミリ)
もちろん六角フォームで。

ブレイドはとにかく
フラッシングと速度重視のウィローリーフ
浮かせるならダブルウィローか?
飛距離を優先するならコロラドウィロー?

いや、根掛かりしたときの損失が痛いから
シングルブレイド限定でもいいか。
1オンススピナーベイトは、
シングルブレイドなら
キャスティングに支障はないようですし
ダブルウィローでも投げられんことは
ないと思います。

遠投性とヘッドシルエット重視の少な目スカート
シリコンラバー本数で言うと8本くらい。

ヘッドウェイト3種
(1/2オンス、3/4オンス、1オンス)
軽いのは投げても飛ばないので要らない。
1/2オンスでも、ロッドを立ててスローで引けば
底は打たずに済むでしょう。
今のところ、根掛かりで痛い目を見たのは
3/4オンスと1オンスです。

浮き上がり重視の砲弾型ミノーシェイプヘッド
側面シルエットは小魚
断面形は砲弾近似というヘッドを目指そう。
もちろんホイル仕上げ。

高速で引くなら
スリムヘッドがいいんだけど
あまりにも根掛かりしやすいので
浮きやすい方を優先した方がいいな。

ジェット天秤と同じで、
浮き上がる方が根掛かりしないだろうし
スローでも水底を叩かずに済むはず。

フックはヘビーワイヤーのラウンドベンド
とにかく懐を深くしよう。
管理人が使うルアーは
スピナーベイトだろうがジグヘッドだろうが
容赦なくバーブレスにしていますけど
六角ワイヤーフォームであれば
薄皮1枚とかでない限り
簡単にバレないはずなんだな。

魚がデカすぎると
スピナーベイト丸ごと吸い込むらしいので
ヒネリ形状の方が掛かりやすいのか?
フックを遊動セパレートにするのも
ひょっとしたらありかもしれないな。

アシや杭や鉄柱にぶつけて使うわけじゃないので
ススキバリを後付けする案も
悪くはない気がしています。
サビても交換できるなら
海でも遠慮なく使えるんだし。


かつて検討した「ダンシングクマー」案は
却下w

なに?ダンシングクマーを知らない?
過去記事でも検索してください。
ダンシングクラブのパクリ案です。


砲弾型ミノーシェイプヘッドで作るなら
成型時のミスは少ないでしょうね。

薄いヘッドだと、溶かした鉛が
回り切る前に固まってしまって
失敗することが多いんだな。

アルミ貼りは曲面の少ない
扁平ヘッドの方が楽だけど。

管理人の釣りの基本方針として
ルアーを根掛かりでなくすのは
下の下と考えております。

魚は釣るけど、
ルアーは1個も無くさないという
アウトボクシング的な釣りを目指しているんだ。

消極的な釣りになりがちで
釣れる数は減るかもしれませんが
SDGsを考えたら、根掛かり覚悟の釣りなんて
これからの時代には流行らんだろうし
釣れた魚となくしたルアーの数つまり
キルレシオもアングラーの資質を測る
重要な評価項目なのじゃないでしょうか。

魚を年間1000匹釣ったところで
ルアーも1000個なくしていたら
負けってことよ。
この場合、キルレシオは1:1
ルアー1個あたり1匹しか釣れていない。
一人一殺みたいなことを
ルアー釣りでやっても仕方ないでしょ。

5匹しか釣れなくとも
ルアー損失が1個だけなら
キルレシオは5:1なわけで
1000匹1000個の1:1よりは
成績がいいことになります。

一般のアングラーは
キルレシオをあまり気にしないのかな?
指標として記録しておくと
面白いと思うんだけど。

話を戻しますと
ゆっくり引いても底を切って泳ぐ
ヘビーウェイトスピナーベイトというのが
管理人のニーズとなりました。

ターゲットはもちろん鈴木一族です。
黒鱒を釣ることは考えなくていいんだ。


そういえば、最近はラウンドベンドの
ストレートワームフックなんて
売っているんだろうか。
最近の店頭では見た記憶がないな。

ヘッドを作るなら、
まずフック探しから始めなきゃならんか。

フックごと型をとって
ジグモールドを作りますので。


昔、黒鱒用に作っていた
作りかけのヘッドは
あるにはあります。

ただ、同型のがまかつフックが
手に入らないとなると難しいな。
20年以上前の作品だし
フックの品番なんて憶えてねえよ。

石膏型だと量産できないから
シリコン型を作るべきだが
管理人はシリコンゴムは使ったことがないので
うまくいくかわかりません。

シリコンゴムは2006年に買った
未開封のものがありますw

ヘンクマソリッドバ〇ブ計画も
SDGsのために頓挫したので
使う機会がなくなっていたんだな。

ヘッド原型製作はエポキシパテを練るのが
一番確実でしょう。

エポキシパテなら
タミヤの速硬化エポキシパテがお勧め。
すぐ固くなるし。ナイフで削りやすい。
分量もちょうど良い感じ。

セメダインの木工用も
硬化が早くて削りやすいが
あれ、長期保存に向かないんだよな。
しかもかなり臭かった気が…。

金太郎飴型のエポキシパテは、
未使用のまま古くなると
主剤と硬化剤の境目部分が劣化して、
混ざらない粒々が多発するので
お勧めしません。

練る前に劣化した部分を除去できないので
かなり始末が悪いです。
新品を数日で使い切るなら
問題ないんだけど。


ところで、通常河川の浅場で
スピナーベイトを使うのは
もうやめようね。

根掛かり率が高すぎるw

スピナーベイトが根掛かりしにくいなんて
幻想だよ。

底を切って泳がせているつもりでも
何かに捕まってしまうみたいだな。

石の間か、沈んだ船か、
とにかく引っ掛かりやすいですね。

縦アイシングルフックを上向きにセットした
ミノーやバ〇ブよりも遥かに損失率が高いぞ。
この辺は沈むルアーの限界なんだろうな。

フックが何かに刺さるんじゃなくて
ヘッドそのものが障害物に挟まれて
取れなくなるのが大半と思われますが。

今後、スピナーベイトは
水深のある水門周辺とか
垂直護岸河川の壁際とか
とにかく底を打ちにくいポイントでのみ
使用することにします。

無理して浅場で使うと損失が増えるし
2回に1回はペナルティ釣行になりそうだ。
(※トップウォータープラグ限定釣行)

スピナーベイトの形態からして
河川内限定での使用になってしまうでしょうが
鈴木一族に効果のあるルアーができれば
有効な武器がひとつ増えるのかもしれません。

自作できるというのは
アングラーにとって強みだなあ。

ジグ系ルアーは、鉛の流し込み成型が
ハードルを上げてくれるけど
ミノーやペンシル等に比べたら
型が壊れない限り
数を作るのは簡単なので
予備がストックできていいんだ。
市販品の世話にもならなくて済むし。

石膏型は脆すぎて量産が難しいです。
シリコンの方がコストはかかるけど
綺麗な成型品ができそうだなあ。

やってみたいことが
また増えてしまったようだ。





つづく?

この記事へのコメント